2013年 新年のご挨拶

e0291485_9132858.jpg


 新年明けましておめでとうございます。
お取引様各位のご健勝を心よりお慶び申し上げます。昨年は北部市場開設30周年の大きな節目として記念事業を開催することが出来ました。『食の物語2012』の市場開放イベントには約25000人もの一般来場者にお越しいただき“北部市場の元気”をお届けすることが出来ました。関係各位のご協力の賜物と厚く感謝申し上げます。 
 大震災から二年近くが経過し日本も漸く落ち着きを取り戻して参りました。しかし景気低迷、消費税増税、原発などの問題が山積する中、経済状況は未だにデフレを脱却できず民意が政権交代を求めました。しかし政治がすべてを解決してくれるわけではありません。私ども一人一人の覚悟が問われているのではないでしょうか。
 私ども水産業界も長らく低迷状態から脱出することが出来ません。一人当たりの魚の摂取量も肉に逆転を許し日本の素晴らしい魚食文化が衰退傾向にあるのが残念でなりません。世界では健康志向から魚の消費が増加傾向にあり、魚の争奪戦が現実のものとなりつつあります。市場流通に携わる私どもも消費者の方々、特に若年層にもっと魚に親しんでいただくための普及活動を通して魚の本当の美味しさを知っていただく努力を惜しんではならないと思います。産地と流通そして小売が一体となり魚の消費拡大を目指す取り組みを強化することが今こそ重要であります。安心・安全な生鮮食料品の集荷販売は私どもに大きな責務であります。荷受と仲卸が両輪となり原点を見据えそして将来を見通して市場の発展の更なるステージを目指さなければならないと考えております。
 最後になりましたが、迎えました新年が皆様方にとりまして素晴しい年でありますことを心よりご祈念申し上げ年頭のご挨拶とさせて頂きます。




                                               名北魚市場株式会社
                                        
                                     代表取締役社長 脇田武司

e0291485_9325150.jpg

[PR]
by meihokuuoichiba | 2013-01-01 00:00 | 日常